タグ:ヒト幹細胞が付いている記事一覧


ヒト幹細胞

ウイルス感染症に対し、免疫療法による治療へヒト幹細胞を活かすための研究は以前から進められてきていました。 そもそも身体に備わっている免疫というシステムは、ウイルスなどが体内へ侵入してきた際に異物であるとみなして攻撃し身体を守るためのものです。 免疫に対してウイルスが優勢であると、感染による症状が発症するということになります。そこで、免疫療法は免疫を強化することによってウイルスへ対抗しようというものです。

ヒト幹細胞

新型コロナウイルス感染症に対し、さまざまなアプローチから実施されている臨床試験でヒト幹細胞を用いた治療法の効果が認められています。 肺炎の症状を改善させる変化があったということで、そのほかのウイルスを原因とする症状にも目を向けてみましょう。

ヒト幹細胞

日本ではそれまでに存在していなかった新型コロナウィルス感染症の治療薬として2020年5月7日、レムデシビルが厚生労働省による承認を受けました。 原則として、症状の重い患者さんが投与の対象とされています。 レムデシビルはそもそも、アメリカのギリアド・サイエンシズ社がエボラ出血熱に対する使用を想定して開発されていたものでした。

ヒト幹細胞

ヒト幹細胞が、身体の随所に現れるトラブルに対して「解決策」になる存在としてクローズアップされています。 ヒト幹細胞は、決して治療薬やワクチンのようなものではありません。身体のトラブルが起こる前、つまり元の状態が「蘇る」ように作用していくのです。

ヒト幹細胞

新型コロナウイルス感染者が多くなってきた当初、ウイルスは高温に弱いといった見方があり温度が上昇してくる春先には状況が落ち着くとの展望もありました。 しかしながら、いったんは状況の落ち着いた北海道で再び感染者数の増加が見られるなどといった深刻な事態が続きます。

ヒト幹細胞

元来、美容を目的とした施術を医療機関で受けるとなるといわゆる「プチ整形」といったものがイメージとして定着していました。 整形などの類は、施術による変化をすぐに見て取ることができるものです。一方ヒト幹細胞を使った再生医療は、効果の現れ方としては対照的であると言うことができるでしょう。 ヒト幹細胞による治療は受けてすぐ、劇的な見た目の変貌が期待される性質のものではありません。 ですが物理的に肌へ手を加えることも、肌質との相性が良いとは限らない薬品を用いることもありませんから安全面で心配する必要はないでしょう。

ヒト幹細胞

新型コロナウィルスの感染拡大を受けてテレワークが増加し、外出自粛も要請されるようになりました。 自宅での時間を過ごすことについて、「stay home」の言葉も定着した感があります。ただずっと屋内でいることには、どうしても不健康なイメージもともなうところです。 また、外出する機会が減少したことによっておもに女性の間でスキンケアを怠りがちになるといった傾向も見られるようになりました。そこに注目されてか、「おこもり美容」として美容のためにしておきたいことが提案されるなどもしています。

ヒト幹細胞

2020年5月7日に日本では初の新型コロナウイルス治療薬として、「レムデシビル」が厚生労働省からの承認を受けました。 ワクチンの開発にはまだ時間がかかると見込まれている中、対象は重症の患者さんに限定されるものの優先的に使用される薬の選択肢が増えたことは明るいニュースです。 感染に対する決定的な対策が見当たらなかった当初には、さまざまな見立てがなされていました。ヒト幹細胞を活用した治療法も、そのひとつです。

ヒト幹細胞

健康のための身体づくりと言うと、ウォーキングやランニングなどといった有酸素運動が思い浮かぶのではないでしょうか。 ただ新型コロナウイルスの感染拡大を受け、屋外での運動に関しては自粛が求められるようになりました。 自宅にいる時間が長くなり生活のサイクルも不規則になるなどする中で、健康をキープするためには工夫が求められます。そこで注目されるものが、ヒト幹細胞です。

ヒト幹細胞

ヒト幹細胞とプラセンタ。 どちらも最近よく聞く言葉となりテレビや雑誌、SNSでも見かけることが多くなってきました。 しかしどちらを利用したらいいのかわからないという方は多くいらっしゃると思います。 たださえ両方ともわかりにくいのに比較するとなると大変ですよね。