• スマートカード

スマートカードは、全ての磁気カードを1つにまとめたカード型コンピューターです。

スマートカード

スマートカードをご存知ですか?

あなたは「スマートカード」という言葉を聞いたことがありますか? 「スマート〜」と言えば真っ先に思い浮かぶのがスマートフォン。 そう、電話付きの小型コンピュータのことです。スマートカードというのは、それのカード版。 つまりカード型の小型コンピュータのことです。

今後、市場に出回るスマートカード

iPhone以来の革命「スマートカード」

iPhone以来の革命と言われる「スマートカード」は、iPhone以来の大ヒット商品となるでしょう。 見た目は普通のカードですが、実は小型コンピュータです。 このカードが生まれた背景は、とある企業が会社の課題を克服するためという発想です。 数年間かけて開発され、主要課題を全て克服するようになったようです。

この企業というのは会員制の旅行クラブを運営しているのですが、会員制の会社ならば直面する課題があります。 新規顧客の創造と、既存顧客の維持です。

なぜ顧客を囲い込むのにこのカードが必要だったのか? それはこのカードを使ったビジネスモデルのためです。

その秘密についてはLINE@でご説明するとして、カードの使い方をご説明しましょう。

iPhone以来の革命「スマートカード」

スマートカードの使い方

先にも述べたように「スマートカード」は小型コンピュータです。
家電なのでまずカードを起動するところから始めます。
スイッチを入れるとカード上に画面が現れます。

画面が表示されたら暗証番号を入力して起動、これで内包された様々なカードが呼び出せます。
クレジットカード、キャッシュカード、ギフトカードなど、磁気カードであればなんでも取り込めます。

どのように読み込むかというと、まずスマートカードは家電なので充電が必要です。
専用充電デバイスが同梱されているので、それで充電するのですが、充電中にカードリーダーにクレジットカードなどを通すと、カードの内容が読み込まれて保存されます。

これが実際のデバイスを使った充電と読み込みをしている画像です。

なおこのカードはスマホアプリとブルートゥースで連動していますので、各カードの設定などはスマホを使って行います。

こんな便利なカードがリリースされたら、あっという間に認知され、世界的なシェアを獲得するとこでしょう。 私はぜひ欲しいです。誰よりも早く、真っ先にね。

スマートカード

スマートカードを持つだけで既得権益が手に入る

携帯電話の権利収入

スマートカードは単純に便利なカードというだけでなく、実は大きなビジネスチャンスでもあります。かつて携帯電話の権利が販売された頃がありました。
その頃は携帯電話が普及するのかどうか約束されておらず、しかもこの権利が1千万円もする高価なものなので大半の人は見向きもしませんでした。
ところがそんな中、この権利を勇気を出して購入した人がいます。
そう!所ジョージさんや叶姉妹ですね。

結果どうなったか?それはいうまでもありません。
今や1億総携帯電話保持状態、携帯電話を持っていない方が珍しいくらいです。
この全てのユーザーの利用料の数%が権利を持っている人に毎年支払われるわけです。
もちろん億単位のお金でしょう。すごい権利収入ですよね。

そんなチャンスがあるのであれば、是非とも権利を買いたい!と誰もが思うことでしょう。 それが今回スマートカードで再現されます。

成功事例で検証

例えばアップル社、1998年に初代iMacが発売されます。 発売当時、多くの人々はiMacの性能を疑っていたので、話題にはなったものの空前の大ヒットとはいきませんでした。 市場での占有率も僅か、パソコン所有者の1%未満でした。ここでアップル社は事業を見直し、人々の関心や行動を細かく分析しました。 その結果、音楽ビジネスの参入を決めます。 2001年10月、iPodを発表。音楽をiTunesでダウンロードできるようにしました。 今では当たり前となったダウンロードビジネスの誕生です。

iPodは消費者の好奇心をくすぐり大ヒットとなります。

これに連動するようにiMacも徐々に購入されるようになります。 何故ならばiTunesを利用するならMacの方が便利だからです。

そして2007年6月、いよいよiPhoneの登場です。 iPhoneは一見電話ですが、実は電話付きの小型コンピュータ。携帯できるコンピュータです。 これには世界中の人々が驚き、そして魅了されていきます。 まさに革命、当然空前の大ヒットとなってゆきます。

またここでiPhoneもMacを購入する動きが出てきます。 最初は今ひとつだったMacintoshも今やパソコンのスタンダードとなり、アップル社はMac、iPod、iPhoneと立て続けに売れ筋商品となって、世界の大企業に成長していきます。 アップル社の大成功は従来にない大革命となりました。

スマートカードの権利収入

最初の話に戻りますが、実はスマートカードはカードそのものが便利なだけじゃなく、権利を購入できるというシーズンにあります。 そしてスマートカードのシェアはアップルの時と同じような広がりを見せると予測されています。何故ならば前述している通り、スマートカードを展開する企業は、会員制旅行クラブを運営しているのです。 その会員は世界33カ国、総勢800万人以上の会員がいます。 こんな便利なカードですから当然会員は欲しがるわけで、ということは、発売前から既に800万枚は売れることが約束されているので。 そしてこの会員制旅行クラブに入会するとスマートカードの権利も購入していることになるのです。

ますますスマートカードが欲しくなりませんか? 私はぜひ欲しいです。誰よりも早く、真っ先にね。

実は間も無くこれが現実になります(2018年8月現在)。 情報はLINE@でお知らせしていきますので、ぜひともご登録お願いいたします。

スマートカードを販売する会社の経緯など

会員制旅行会社で会員数は800万人

今回スマートカードの発売を予定している企業について少しお話ししましょう。 この会社は2005年に起業し、その年に多くのパッケージツアー商品を販売してスマッシュヒットします。 ヒットした理由は破格な料金と、それとは裏腹なツアーの内容です。 食事やオプショナルツアーなどが全てセットされているのです。 ホテルも3つ星ホテルの料金で5つ星ホテルに泊まれます。 もちろんそれらのホテルのオプショナルサービスも付帯しています。

その後2013年に会員制サービスをスタートさせます。 この会員制サービスは、会員になっているだけで初回のツアーからポイント割引があり、旅行に行けば行くほどポイントがたまるため、最終的には、無料でパッケージツアーに行けてしまうという内容でした。

当然世界中の人々が食いつき、空前の大ヒットになります。 毎月何千、何万と会員を増やし続けました。

ポイントは旅行ではなく、普段の買い物や食事からも貯まる仕組みになりました。 この旅行会社のビジネスモデルに賛同した企業が、業務提携を申し出たためです。 これにより会員はレストランで食事をしたり、日用品などを購入することによって、無料で旅行に行けてしまうようになりました。 (アメリカでは大手デパートやホームセンターも提携しています)

そして加盟店は4千店、会員数は800万人にまで膨れ上がりました。

なぜスマートカードビジネスに参入したのか?

ではなぜ、この会員制旅行会社がスマートカードビジネスに参入したのか? それはポイント制度と決済方法にあります。 ポイントはスマホアプリを久賀って加算されていきますが、支払いはクレジットカードで行います。 つまりポイントの履歴と支払い履歴が別々になってしまうのです。

どうすればこの問題を解決できるのか? そこで「カードやアプリを全て1つにまとめてしまえば解決できる」ということに気づきます。

しかし旅行会社にそのノウハウはないので、既に開発を始めている企業を探すことにします。 そしてぴったりのテクノロジーを持った会社と出会い、M&Aによって吸収します。

スマートカードの開発が終盤に差し掛かったものの、どのようにシェアを獲得すればいいのかを悩んでいた開発会社と、スマートカードさえあれば、いきなり800万人のニーズを満たすことができると悩んでいた旅行会社の見事な融合です。

発売前から既に800万枚は売れることが約束されているスマートカードが欲しくなりませんか?

スマートカードを手に入れて既得権益を手に入れよう

絶対普及することが決まっているスマートカードの代理店になれるチャンスです。
今なら下記特典が付いてきます。好評ご登録中につき残りわずかのチャンスをお見逃しなく!

特典内容

特典1極秘コミュニティ(40万円相当)に無料ご招待

特典2シークレットセミナー(3万円相当)に無料ご招待

スマートカードをもっと知りたい方は
ライン@に登録!

  • ライン@の登録

    今すぐQRコードでLINEの友だちを追加LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]をタップして、コードリーダーでスキャンしてください。スマートホンの方はバナーをクリックしてください。

kansai counseling center

ごあいさつ

私は人が喜んでいる姿を見ているのが大好きです。

心にイメージした事柄を実現してゆく中で
愛があり、明るい光と忍耐強さをもって進めてゆくことで、より善い社会を創造してゆく。

これが私のミッションとなっております。

全き者に憧れをもって。