仮装通過 権利収入

仮想通貨

仮想通貨 ライトコインもいけてるぞ!

カテゴリー:仮想通貨

更新:2018.03.11

■暗号通貨市場に対する、不安・不確実・不安

2018年3月現在、価格の急降下にも関わらず、業界はイノベーションを約束した技術として、地位を確立しようとしていますが、まだ実現には至っていません。
ただ、こんな現状に一石を投じる暗号通貨があります。
それがライトコインです。チャーリー・リー氏により開発され、「ビットコインが金を目指すならライトコインは銀を目指す」といわれています。

■ライトコインの実用性がより認知され始めている

個人資産管理や税金対策の圧倒的対策ツールとして仮想通貨の注目度は急上昇中です。中でもライトコインは中堅クラスの仮想通貨としてとても安定している通貨の1つです。
今ライトコインの実用性がより認知され始めていて、現在に至るまで、ビットコインとの差別化に注力してきましたが、ここ数ヶ月の間で情勢が変わり初めています(2018年3月)。
多くの人々がライトコインを現実で使える通貨であることに気づき始めたのです。取引速度および手数料は、現時点でビットコインより優れています。ビットコインの拡張性の問題は、市場の発展を阻害しています。
少なくともこれらが解決されるまで、ライトコインは買いとなるでしょう。

■「LitePay」がこれから突っ走る!

「LitePay」は、ライトコイン専用の支払い端末です。
ビットコインやビットコインキャッシュが決済に使用できる「BitPay」について、ご存知の方も多いでしょうが、LitePayはそれと比べて、高速かつ低コストです。
LitePayを使えば、ライトコインとの決済をスムーズに取引することができます。
しかもLitePayは70カ国で利用可能になる予定です。

■東京オリンピックやラグビーW杯(東京)でのビジネスチャンス

マウントゴックス事件によるビットコインの信頼性の下落や、コインチェック事件によるネムの下落、そして中国政府によるビットコイン規制強化の中で、実は今最も注目されているのがライトコインです。
多分ラグビーW杯や東京オリンピックで、たくさんの外国からの訪問者が日本に訪れると思いますが、その時にはもしかしたらビットコインに打って変わる決済手段としてして、ライトコインが最先端になっているかもしれません。
まだ持っていない人は即買い、既に持っている人は買い増しをお勧めします。実は筆者も2015年に2万円分だけライトコインを購入し、昨年12月に100倍になったところで日本円に換金して恩恵を受けた一人です。
ライトコインの購入は国内で最も安全だと言われ、事業拡大しまくりのビットフライヤーがオススメ。
ぜひ以下のバナーから口座開設し、ライトコインをご購入することをお勧めします!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で