仮装通過 権利収入

権利収入

こんなにある!「権利収入ビジネスの種類」

カテゴリー:権利収入

更新:2018.03.08

■こんなにある、権利収入ビジネスの種類

権利収入ビジネス

現金を預けることによって発生するもの:ご自身が保有する国債・公社債などの受取利息
銀行などに預けている預金の利息
ご自身が保有する株などの配当金
etc.投資を行いその成果として受取るもの:ご自身がご購入された宝くじ(もちろん当選した場合)
ご自身が保有する不動産の家賃収入など
ご自身が保有する株や先物取引売買によって得られる利益
設備を設置することによりそこから得られる利益
etc.国民の義務を果たすことによって受け取ることができるもの:

子供手当てなどの手当て
年金
定額給付金
最低所得保障
雇用保険や失業保険
etc.

ご自身で資産を創ることで生まれるもの:

楽曲の作詞・作曲や書籍の執筆などによる印税
情報商材の製作・販売
アフィリエイト
ネットワークビジネス
etc.

■ご自身で資産を創ることで生まれるもの

皆さんがご興味があるのは、まず一番最後の「ご自身で資産を創ることで生まれるもの」だと思います。他のページでも記しましたが、楽曲の作詞・作曲や書籍の執筆などによる印税収益というのは、センスや才能など人間個人のもっているポテンシャルと、うんと、タイミングが必要なため、かなりハードルが高いと思われますので、それを除いたものが対象になるのではないでしょうか?アフィリエイトが一番敷居が低そうですが、誰にでも手軽に始められることからライバルも多く、現在対応している人口は100万人を超えるとも言われています。その中で月収5万円以上をコンスタントに稼いでいる人は全体の5%弱らしいです。
不労所得としては最も楽しても請けられそうですが、実際に稼ぐのは相当なテクニックと根気が必要なのです。情報商材の製作・販売の場合は、何かしらのネットビジネスで成果を上げて、そのノウハウをまとめて販売する訳ですから、経験と実績が必要になります。未経験の方が始めるには相当ハードルが高い、もしくはほぼ不可能と言えるでしょう。ネットワークビジネスは、その人の人脈によって成果は様々だと思います。
同じ志の人間が沢山集まり、かつアクティブならば、アフィリエイトよりも敷居が低いかもしれませんが、そうでない場合は相当苦戦する結果になると思われます。

■設備を設置することによりそこから得られる利益

では、次にご興味を持たれておられると思う、設備を設置することによりそこから得られる利益はどうでしょうか?他のページでも触れておりますが、初期投資が必要ですので、まずそれがリスクとなります。
問題はそのリスクをどう回避するか?初期費をどう抑えるか、いつ回収出来るのかがポイントになると思います。例えば太陽光売電ならば初期投資に最低1,200万円が必要です。
助成金制度はありますが、回収まで最低7年以上かかってしまいます。
ですが、その時期さえしのげば、あとは自動販売機のように利益だけが発生します(多少のメンテナンス費用は必要ですが…)。

■最もオーソドックスなのは不動産投資

太陽光売電は敷居が硬いですし、何と言っても投資額が半端ない。
ある程度余裕があり、ローリスクローリーターンで安定した不労所得を狙うのであれば何と言っても不動産投資でしょう。
例えば、不動産投資初心者でも経験者でもプロを無料で紹介してもらえる【不動産の窓口】最もオーソドックスなのは不動産投資トウシェルは実績も豊富で確実です。またセミナーを無料で展開している株式会社ベルテックス
は、全国各地での磁場し情報を提供しながら、対面で手取り足取り教えてもらいます。

自己資金ゼロから始められるアパート経営セミナーもあるので、ぜひ一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

関連記事 権利収入ビジネスの本音「デメリットに特化して考える」