仮装通過 権利収入

スマートカード
スマートカード

権利収入

携帯電話による権利収入は永久収入?

カテゴリー:権利収入

更新:2018.03.08

■携帯電話による権利収入

このサイトの中のページで、度々「携帯電話の権利収入」について触れてきましたが、今回はそこに特化して書きたいと思います。ご存知の通り、所ジョージさんを始め、叶姉妹、とんねるずの石橋貴明さん、大橋巨泉さんなど、名だたる大物芸能人がこの権利を所有していると言われています。特に、所ジョージさんは、NTTドコモの携帯電話の「基本料金の数%」を権利収入として得ているそうです。この権利をドコモ側がある一定のランクの芸能人や経営者に情報を流したそうです。携帯電話はの始まりは、箱型のショルダーフォンで、当時は高すぎて、富裕層の方しか持てませんでした。ですからその頃の収入は微々たるものだったと思います。その後、携帯も時代の変化とともに形を変え、現在ではスマートフォンなどを含む携帯電話を持つのは当たり前な時代ですが、一昔前は考えられなかった訳です。いいですか、基本料金の数%ですよ!いったいいくら収益があるのか、目眩がします。携帯電話による権利収入

■携帯電話による権利収入を得るための価格

上記の人たちが、なぜ権利を得ることになったのか?それはドコモ側がある一定のランクの芸能人や経営者に情報を流したからです。それは「携帯電話の基本料金の数%を権利収入として買いませんか?」だったそうです。価格は1,000万円だったそうです。この権利を買ったのが、所ジョージさんや細木数子さんなど。同じ様なことをauもやっていたようで、そちらには叶姉妹のお姉様の家族がいたそうです。1,000万円ですから太陽光売電の設置価格よりも若干安く、メンテナンス料金等もかかりませんから、携帯電話が無くならない限り半永久的な権利収入と言えます。

■半永久的権利収入が得られる携帯電話の権利収入

今では小学生から高齢者まで、スマートフォンやプリペイドフォンを含む携帯電話を持っていない人がいないご時世です。が、この状況を、果たして彼等は予測出来たのでしょうか?はっきり言って一か八かだったはずです。1,000万円ですから大きな賭けですよね。これを読み切った先見の明は素晴らしいの一言に尽きます。しかも、今後も携帯電話の姿や形が変わっていったとしても、無くなってしまうことは無いでしょうし、普及の変動率も大きな波がないことも予想されます。ましてやNTTドコモに関しては、phoneを出したことにより、ドコモユーザーが増えていますから、収入が伸びていることは間違いないでしょう。このように携帯電話の権利収入は半永久的に権利収入が得られる構造を構築することが出来ました。

■次に来る半永久的権利収入が得られるものとは?

携帯電話の権利は、所有する方が誰かに譲るなどしない限り、今から手に入れることは不可能です。仮に手に入れることが出来たとしても、価格は1,000万円程度ではないでしょう。法外な金額になるはずです。それでは、今からでも取得出来る、次に来る半永久的権利収入が得られるものとは何でしょうか?
他のページでもその種類について書きましたが、今ホットなのは太陽光売電事業になるでしょう。国や地方自治体から助成金が出るというのも魅力ですし、初期投資出来る体力さえあれば、数年後にはほぼ自販機状態になります。しかしリスクもあります。まず国の制度の変化。助成がいつ終わるか?配当金の変動率はどうなるのか?そしてなんと言っても発電所のメンテナンス費用が確実に発生します。発電所は建物ですから不動産経営をされている方ならピンと来るかと思いますが、修繕費というものはいつか必ず発生してしまいます。そうなると、携帯電話の権利収入とは若干ニュアンスが変わってきますよね。そこで、今熱いものを2つほどご紹介いたします。一つは今最も旬な仮想通貨。
これを買うんではなく、取引所そのものの権利を手に入れるということです。JAMプロジェクトではコインの販売(現在は上場前なのでコインではなくポイント)は元より、このプロジェクトは開設予定の取引所の権利も販売しています。
JAM SUPER AGENT(通称SAG)は、JAMプロジェクトで得た利益から20%が人数割で配当されます。

この権利が欲しい人は、こちらからお申し込みください。
 →SAGお申し込み(人数限定なので、定員になり次第締め切られます)
もう1つはスマートカードと呼ばれるあらゆる磁気カードを1枚にまとめられるという、小型コンピューターが間も無くリリースされるのですが、これの権利、つまり利用手数料の数%が半永久的に不労所得として取得できるというものです。
スマートフォン以来の革命と言われているので、あっという間に普及されることが予想されるのですが、この権利が間も無く入手できるようになります。
 →こちらからLINE@にご登録ください。

前のページに戻る