仮装通過 権利収入

仮想通貨

仮想通貨の採掘者を狙う攻撃が増加!警察庁が注意喚起。

カテゴリー:仮想通貨

更新:2018.03.15

■「Claymore(クレイモア)」が標的

「Ethereum(イーサリアム)」を採掘するソフトウエア「Claymore(クレイモア)」を標的としたアクセスが増加しているとして、
2018年3月12日に警察庁が注意を喚起しました。

■IoT機器を標的としたマルウエア

IoT機器を標的としたマルウエア(ボット)である「Mirai」の亜種(「okiru」や「satori」)、「EternalBlue」や「DoublePulsar」を使った攻撃と考えられるパケットを確認したようです。

■警視庁からの警告

警視庁はClaymoreでJSON-RPC APIを利用しているユーザーに対し、複数の対策を実施することを推奨しています。

■個人だからといって油断は禁物!

こうした仮想通貨取引所を狙った攻撃ではなく、個人への攻撃も行われています。
インターネットに接続している端末はどんなものであっても油断せず対策が必要です。

■参考リンク

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2810219014032018000000/