仮装通過 権利収入

仮想通貨

第2位の仮想通貨といえばイーサリアム(Ethereum)

カテゴリー:仮想通貨

更新:2018.03.31

■イーサリアム(Ethereum)とは?

イーサリアム(Ethereum)とは、時価総額がビットコインに次いで第2位の仮想通貨です。
2013年にVitalik Buterinによって設計がはじまりました。非営利団体イーサリアム財団が管理運営していて、クラウドファンディングに調達された資金により、イーサリアムプロジェクトが始動し始めました。今では開発者が世界中に存在しています。
あのADA(エイダ)やカルダノでも絡んでいたチャールズ・ホスキンソンもその一人。
今も日々イーサリアムの開発が行われていて、まだ完成形ではなく、今後もアップデートしていく予定です。

2014年の7月に、暗号通貨の取引所で売買が始まりました。

■独創的なイーサリアム(Ethereum)の特徴

イーサリアムの特徴は、スマートコントラスト技術を利用しているところです。
スマートコントラストとは、契約の自動化を行うことの出来る機能で、契約を自動的に実行して保存してくれます。ビットコインは、送金履歴しかブロックチェーンに書き込みませんが、
イーサリアムは、取引で行われた全ての契約内容が、ブロックチェーンに書き込まれます。
つまりお金の受け渡しと重要な書類の受け渡しも同時に行えるのが、スマートコントラストです。スマートコントラストを動かす環境の土台がプラットフォームであり、
プラットフォームとは、イーサリアム通貨をやり取りする仕組みを自由にユーザーがプログラムできるシステムのことを言います。

イーサリアムは通貨というよりもプログラムにちかい存在で、通貨以外の様々な分野への応用も期待されています。

ビットコインとイーサリアムの違いは、イーサリアムはビットコインよりさらに機能を拡張させているのが特徴です。
ビットコインはブロックチェーン上ですべての取引を管理していますが、
イーサリアムはスマートコントラストという技術を利用して、取引を行うと同時に契約内容まで管理することができます。

■実は私も億り人になるチャンスだった…

実は私も億り人になるチャンスでした。カルダノとの出会い、そして仮想通貨ADA(エイダ)
仮想通貨ADA(エイダ)は詐欺なのか?の噂の中
で登場しているS氏から購入を勧められたからです。

しかし当時は、仮想通貨もよくわからない、ビットコインも名前くらいしか知らないような状況の上、
S氏が詐欺師かもしれない疑いもあったので丁重にお断りしました。

もしあの時、日本円で10万円分でも買っておけば、私もとっくの昔に億り人になっていたのに、、、
完全な機会損失、悔しい限りです。

■イーサリアムを購入するには?

イーサリアムを購入するには、ビットコイン取引所に口座を作る必要があります。ビットコイン取引所に口座を開設し、日本円を口座に入金して、
イーサリアムをビットコイン取引所内の販売所で購入するといった流れです。イーサリアムは、時価総額が仮想通貨の中で2番目に大きな仮想通貨ですから、ほとんどすべての取引所で購入することができます。
日本のビットコイン取引所の大手、ビットフライヤーザイフなどの取引所で購入できます。

以下のバナーからどうぞ↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で